当サイトを運用するサーバーの変更に伴い、サイトのデザインも変更しました。引き続きよろしくお願いします。

これが球団公認「日南カープカクテル」だ!! ー 赤鯉パーティーに潜入!


そして日南素材の料理を愉しむ

ベルエポック宮田猛敏社長

今回のパーティーで供された料理は、日南の素材を使って、宮崎市でレストランやパティスリーなどを経営するベルエポック株式会社の全面協力で作られたものでした。
実は、蛯原三奈さんがマネージャーを務める「Wine&Bar 麦家」も、同社のグループに所属しています。

ということで、同社の宮田猛敏社長が冒頭でご挨拶。
赤豚や茸蔵の椎茸など日南が誇る食材に加えて、自前の宮田農園で栽培した無農薬の野菜もバーニャカウダで提供するなど、約20種類の料理を用意しましたと語る宮田社長。

以下、その料理の一端をご紹介しましょう。

酒井さんちの日南赤豚カツサンド

今回のメインの食材、宮田社長も惚れ込んだ、酒井孝治さんの「酒井さんちの日南赤豚」を使ったカツサンド。

この赤豚、以前にみやざき赤豚DDXとしてご紹介したものと同じものですが、現在は、「酒井さんちの日南赤豚」というブランドで出されているようです。

私が真っ先に手を伸ばしたのが、このカツサンドでした。

酒井さんちの赤豚のボルシチ・ビーツ風味

同じ赤豚が、カープカラーのつながりでビーツ風味のボルシチに変身。

酒井さんちの赤豚の手作りロースハム

はたまた、手作りロースハムにも。

酒井さんちの赤豚は、素材の肉の味がしっかりしているから、どう料理しても美味しく仕上がります。

生産量が少なく、どこでも食べられる豚肉ではありませんが、それだけに、これだけでも日南に客を呼べる力のある素材だと思います。

茸蔵の原木椎茸のテリーヌ

そしてもう一つ、宮田社長が絶賛していた素材、黒木慎吾さんが経営する「原木しいたけ茸蔵」の原木椎茸は、その形を活かして、見た目も楽しいテリーヌに仕立てられていました。

これまた、原木椎茸の持つ素材そのものの美味さが引き立つ一品。

白身魚のポワレ

その他、港町油津ならではの「油津獲れ白身魚のポワレ・アメリケーヌソース、トマトコンフィ添え」だったり、

サーモンの生春巻き

「サーモンの生春巻き」だったり、

スティック野菜のバーニャカウダ

宮田社長の農園で栽培された「無農薬野菜のバーニャカウダ」だったり、とても全部は食べきれないほどたくさんの料理が並んでいました。

くらうんふぁーむのイチゴ

更に、デザートやドリンクにも使われていたいちごは、新規就農者・渡邉泰典さん(たいぴー)が経営する「くらうんふぁーむ」のもの。

渡邊泰典(たいぴー)さん

たいぴーは、県外から移住して就農し、初収穫のシーズンなのですが、クラウドファンディングに挑戦して成功させるなど、しっかり地域に受け入れられています。
「いちごの気持ちになる」と言って髪を緑に染め、赤いつなぎを着てセルフブランディングするたいぴー、みんなから愛される農業者になっていて、頼もしさも感させるようになってきました。

この他の料理、全て紹介できなくて申し訳ありませんが、宮崎市で仕込んだ料理を日南市まで運び、多数のスタッフを投入して準備やサービスを行っていたベルエポックさんの本気度、ひしひしと感じました。

 

市民サポーターの皆様、ありがとうございました

市民サポーターメンバー

今回のパーティーは、(株)油津応援団の主催で、企画・運営には、日南市で、女性が「活き活きする」「活動する」「活躍する」地域になるよう、様々なイベントなどを仕掛けている団体「女活委員会」のメンバーなど、市民サポーターの皆様が参加していらっしゃいました。
限られた時間の中で、準備も大変だったことと思いますが、女性ならではのアイディアや配慮が感じられるイベントでした。
楽しい時間をありがとうございました。


1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2014年4月からテゲツー!ライターに参加。
趣味は料理で、2016年からフードアナリスト、2018年からは冷や汁エバンジェリストとしても活動中。
2020年4月に宮崎での7年間の単身赴任生活を終え、2022年3月まで東京・新宿にある宮崎県のアンテナショップを統括した後、さいころ株式会社を設立、同社代表取締役。
テゲツー!のアドバイザーで後見人的な人で、玄人受けするその記事にはファンも多い。

目次