当サイトを運用するサーバーの変更に伴い、サイトのデザインも変更しました。引き続きよろしくお願いします。

可能性無限大?!夏にぴったり「みやざきビタミンゴーヤー」を味わい尽くす!!


 

1.宮崎ビタミンゴーヤーと宮崎食材のベジスティック

20160718173342

ゴーヤーを、、こんなダイレクトに、、、

ドキドキ。。

おそるおそる口に入れてみると、あれ、そこまで苦くない。

この白いクリーミーなソースのおかげでしょうか。

それとも、新鮮だからかな。

20160718173351

ソースは2層になっていて、下はゴーヤーのジュレ。

苦さはあまりなく、爽やかな風味が際立ってました。

 

2.ゴーヤーとつくねのファルシ〜カクテルソース〜

20160718173405

ファルシとは、食材の中に別の食材を詰めたものだそう。

言い換えるならば、ゴーヤーの肉詰め?(笑)

辛味の利いたソースが良いですね。

お酒とも、白米とも相性良さそうな感じ!

写真中央は、

3.ゴーヤーボード〜玉子、チーズ、ジャガイモ、ベーコンと共に〜

ゴーヤーボードは、見た目のインパクトがすごい!

縦半分に割ったゴーヤーに、具材がぎっしり。

これ、子どもも好きかも?

満足度高めな1品です。

4.フライドゴーヤーのビシソワーズ〜いくらのせ〜

20160718173417

ビシソワーズ。

僕なんかにはまだ馴染みが薄いですが、、いわゆるじゃがいもの冷たいポタージュですね。

ゴーヤーを揚げてあると、また印象が違いますね。

香ばしさとほろ苦さが、単調になりがちな味に変化をつけてくれるおかげで、最後まで新鮮な気持ちでいただくことができました。

いくらのプチプチ感も楽しい!

ゴーヤーの達人による楽しいトークやクイズも!

20160718173618

ゴーヤー愛好家や生産者の方など、達人によるゴーヤーの魅力や、楽しみ方のトークも盛り上がってました。

みやざきブランド推進本部の深田直彦さんは、イベントに向けてなんとひと月も前から毎日ゴーヤー生活を実施。

様々なオリジナルメニューを開発したそうです。

20160718234950

ちょい足しメニューから、オリジナルの力作メニュー。

そして迷作メニューまで?(笑)

20160718234514

この生活の結果、気づいたら71kg→68kgと減量していたそうです。

お肌も心なしかツヤツヤやし、、、

ゴーヤーダイエット、ありかも?!くるかも?!

ゴーヤークイズは、なかなかマニアックなものもあり、みなさん苦戦。

苦味を取るにはかつお節がいいとか、塩もみしてサッと湯通しするとか、勉強になりました。

こちらは、農家さん手作りのゴーヤー佃煮。

20160718235950

全然苦くないと思ったら、かつおが利いてるからなんですね!

納得。

これめっちゃ美味かったな〜。

レシピ聞きそびれたの、とっても後悔。。

異常にクオリティの高いゴーヤーの被りものも人気でした。

20160718173633

はい、かわいい子と写真撮って浮かれています。

まだまだゴーヤー料理、続きますよー!
 
続きはこちら

種とわたも楽しむゴーヤー丸ごとかき揚げ


1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮崎てげてげ通信の活動を通じて、人と人、内と外がつながる、人と企業が繋がる。そしてたくさんの笑顔が生まれることが私の夢です。

将来的には、宮崎県を愛する人が集まり、交流でき、そこから発信、創発が起きるような「てげてげ通信カフェ」ができれば嬉しいなと思っています。

2014年の人気記事をまとめ読み

目次