当サイトを運用するサーバーの変更に伴い、サイトのデザインも変更しました。引き続きよろしくお願いします。

禁断の尾崎牛シリーズ第3弾ーR-20尾崎牛ユッケの石焼きビビンバ


6月にスタートした博多・燈みやびのスペシャルブランチ・シリーズ。
6月の第一弾は、「R-18指定!禁断の肉丼はここでしか食えないー博多燈みやび」、
7月の第二弾は、「今度はR-20指定のグリーンカレー!「博多燈みやび」のサタデーランチに新メニュー」と来て、8月に登場した第三弾は、

尾崎牛ユッケの石焼きビビンバ

どどーん!
「尾崎牛ユッケの石焼きビビンバ(R-20)」

嬉しいことに、今度もR-20指定!

ということで、今回も登場初日に出かけてきましたので、その模様をレポートしましょう。

 

「博多・燈みやび」は相変わらず落ち着いた雰囲気

焼酎の棚

築100年を超える古民家をリノベーションした「博多・燈みやび」は、いつ行っても落ち着いた雰囲気です。
ランチが提供されるのは、入口からすぐの土間にしつらえられた8席ほどあるカウンター。
席について「ビビンバ」注文したら、料理が出てくるまで、スタッフや回りのお客さんと会話を楽しみながら待ちます。

目の前には、焼酎とワイングラスが並ぶ棚が。
「尽空」とか「つくし」とか「金太郎」とか福岡産の焼酎が多いのが気になりますが、メニューにはちゃんと宮崎産の焼酎もありますよ。

ビアサーバー

生ビールが供されるタップは金色に輝いております。
ランチタイムも1杯500円でヱビスビールの生を飲むことができます。

上がりかまち

厨房は、左の廊下のさらに奥。
料理が出てくるのを今か今かと待っていると…。

 

「尾崎牛ユッケの石焼きビビンバ」登場!

ビビンバランチセット

「お待たせしました」と出てきたのが、「尾崎牛ユッケの石焼きビビンバ」のランチセット1,480円。

尾崎牛のユッケ

メインは当然、石焼きビビンバ。
ピンク色の、これだけでも垂涎もののユッケがドーンと載ってます。
器は熱々なので要注意。

サラダ

サイドメニューは、キャベツメインのサラダ。

スープ

この何気ない、玉ねぎスライスの入ったスープすら美味い!

混ぜ混ぜしていただきます

熱々の石鍋が冷めないうちに、添えられたコチュジャンと白菜キムチをお好みの量投入して、スプーンで混ぜ混ぜ。
ビビンバのビビンは、韓国語の「ビビム=混ぜる」の意味ですからね。ビビンバは、「混ぜ飯」。
石鍋に張り付いて良い具合におこげになったご飯をほぐしながら、混ぜる混ぜる。
尾崎牛のユッケにも、ちょうどいい感じに火が入ります。

これを口の中に放り込むと、尾崎牛の上質な脂、コチュジャンの辛み、ニンニクやごま油、発酵したキムチの香り、ニンジン、もやし、ニラ、ゼンマイのナムルの香りと食感、いろんなものが混然一体となって、味覚、嗅覚、触覚を刺激するわけですね。
これを「美味い」と言わずして、何を「美味い」と言うのでしょう!?

完食!

あとはひたすら食べる食べる。
合間にサラダで心を落ち着かせ、スープで舌を洗い流しつつ、さらに食べる食べる。
あっという間に完食!

デザート

最後は、グレープフルーツとクリームのデザートでお口直しして、ごちそうさまでした!

第一弾のR-18指定「禁断の肉丼」は、引き続き食べられますが、この「禁断のビビンバ」が食べられるのは、8月の土曜日だけ(のはず)。
これ、あまりにも美味いので、定番メニューになってもおかしくないと思いますが、とりあえず、食べられるチャンスはあと4回。
さあ、次の土曜日は、あなたも!

【博多・燈みやび】
ブランチ営業:毎週土曜日 11:30~14:00(L.O. 13:30)


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2014年4月からテゲツー!ライターに参加。
趣味は料理で、2016年からフードアナリスト、2018年からは冷や汁エバンジェリストとしても活動中。
2020年4月に宮崎での7年間の単身赴任生活を終え、2022年3月まで東京・新宿にある宮崎県のアンテナショップを統括した後、さいころ株式会社を設立、同社代表取締役。
テゲツー!のアドバイザーで後見人的な人で、玄人受けするその記事にはファンも多い。

目次