3日続けて日向夏祭りだ! ー LOTTE ジェラートマルシェ 日向夏


ジェラートマルシェ日向夏側面

現在、理由もなくひとり日向夏祭り発動中のDiceです。

一昨日は「サントリーチューハイ『-196℃』<夏の日向夏>」を、
昨日は「アサヒカクテルパートナー 期間限定 はちみつ 日向夏&甘夏」
ご紹介してきたわけですが、次なるネタを探してスーパーを彷徨っていたら、普段はスルーするアイスクリームコーナーに「日向夏」の文字があるのを発見してしまいました。

日向夏への愛が、私を呼び込んだのでしょうか。
滅多にアイスを買うことはないのですが、これは買わないわけにはいきません。
奮発して3個も買ってしまいましたよ。
なにせ、1個105円(税込)という嬉しいお値段だったもので。

ジェラートマルシェ日向夏上面

購入したのは、お口の恋人ロッテから発売されている「ジェラートマルシェ」シリーズの日向夏フレーバーです。

公式ページでは発売日の情報が確認できませんでしたが、リサーチの結果、昨年には出ていたようです。
今まで気づかなかったのが不思議。

パッケージに書かれた「宮崎県産日向夏果汁使用」の文字が、宮崎人の心を強く揺さぶります。
このシリーズ、果汁がたっぷり使われている本格的なジェラートで、この「日向夏」も、日向夏果汁が15%使用されています。

ふたを開けてみた

蓋をめくると、日向夏色のジェラートが顔を覗かせます。

スプーンですくって口に入れると、日向夏らしい甘酸っぱい味が舌の上でほどけ、爽やかな柑橘の香りが鼻腔をくすぐります。
甘酸っぱさが喉の奥に到達する頃に、ほのかな苦みも感じられて、日向夏感は良く出ています。
フィニッシュはちょっと口の中にしつこく残る感じはありますが、この値段でこの味なら十分でしょう。
内容量113mlと小さめのカップなので、食後のデザートとしてもちょうど良い量です。

これから暑さが増してくると、牛乳ベースのアイスクリームよりも、ジェラートのようにさっぱり食べられる冷菓が欲しくなってきます。
8月27日は、日本ジェラート協会の定める「ジェラートの日」らしいので、8月27日はみんなでこの「ジェラートマルシェ 日向夏」を食べる祭にしたいですね。

なお、このシリーズは、コンビニでの取り扱いがなく、スーパーのみの販売らしいです。
宮崎では、イオン系のスーパー(「マックスバリュ」など)を探してみていただくと、見つかるのではないかと思います。

Follow me!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2014年4月からテゲツー!ライターに参加。
趣味は料理で、2016年からフードアナリスト、2018年からは冷や汁エバンジェリストとしても活動中。
2020年4月に宮崎での7年間の単身赴任生活を終え、2022年3月まで東京・新宿にある宮崎県のアンテナショップを統括した後、さいころ株式会社を設立、同社代表取締役。
テゲツー!のアドバイザーで後見人的な人で、玄人受けするその記事にはファンも多い。

目次