当サイトを運用するサーバーの変更に伴い、サイトのデザインも変更しました。引き続きよろしくお願いします。

かつて天皇が愛した「青島」はミシュラン二つ星


青島
出典 

日本の観光地を★で格付けするフランスのミシュラン社が出版する「ミシュラングリーンガイドジャポン」にて、2011年改訂第2版にて宮崎県の青島神社が★2つを獲得しました。

「ミシュラングリーンガイドジャポン」とは、日本全国の観光地などの魅力を三つ星「わざわざ訪れる価値あり」二つ星「近くにあれば寄り道をして訪れる価値あり」、一つ星「興味深い場所で評価したガイドブック。

今回の改訂増補にあたり、「ミシュラン・グリーンガイド」の編集者とライターたちは、日本政府観光局と連携し、2009年11月から2010年9月にかけて再び日本を訪れ、100箇所近い観光地を新たに掲載して内容の充実を図るとともに、掲載地の実用情報を見直して更新した。

引用元

この改訂で星二つとなった青島神社。世界から注目を集める日本の観光地「青島」は、どんなに時代が変わっても、かわらず、訪れる人に感動を与えています。

マイナスイオンたっぷりの青島神社

青島神社
出典

青島は、奇岩「鬼の洗濯板」が島を囲む周囲1.5メートルほどの小さな島です。島には、ビロウジュなどの亜熱帯性植物が多く茂り、大正10年3月29日に、特別天然記念物に指定されました。島の中央にある青島神社は縁結びの社として知られています。

マイナスイオンたっぷりの島の中央にある青島神社。どんな恋も、ここに足を踏み入れると、叶うような気がしてくるから不思議です。この島全体が、青島神社の所有地となっています。

青島は、「海幸、山幸」の舞台となった神話のふるさとで、神社の境内にある「日向神話館」では、「海幸・山幸」の物語などを展示しています。

日向神話館について

拝観料 大人 600円
中高校生 400円
小学生  300円
幼児 無料
引用元

必ずみておきたい鬼の洗濯板

main 鬼の洗濯板
出典

鬼の洗濯板は、大昔に海面下にあった岩が、水面上に現れ、波や海水に浸食されて現在のような形になったとされています。巨大な洗濯板に似ていることから、「鬼の洗濯板」とよばれるようになりました。

引潮のときは、降りて歩けます。時間ごとに見え方がかわり、青島全体がノコギリの歯のような波状岩で取り囲まれています。海の波がそのまま岩となりかたまってしまったかのような光景をみると、ここだけがまるで別世界のように思えてきます。引用元

青島巡り泊まるならココ!

ANA

青島の絶景が眺められるオーシャンビューのゲストルーム。展望温泉浴場や露天風岩風呂も完備。非日常的なひとときがゆったりと流れる。南国リゾート気分を味わえるANA・ホリディ・イン・リゾートホテルを紹介します。

客室タイプは2種類

2ANA

客室タイプは、青島ビーチが窓から見えるオーシャンビューと、リーズナブルな価格がうれしいエントランスビューの2タイプあります。チェックインは15時から。チェックアウトは11時までです。また、クオカードが付いた朝食プランや、記念日にふさわしいみやざきフルムーンプランなど、旅行スタイルにあわせて選べるプランも充実しています。

露天風呂でゆったり

4ANA
 
弱アルカリ性炭酸水素塩泉の開放感あふれる展望温泉。炭酸水素イオンの含有量が多く、旅の疲れを癒します。画像出典、参考元

インフォレストカフェ青島屋店でひとやすみ

150x150_square_3979334

電車待ちの時間に気軽に立ち寄れるカフェ。ソフトクリームや、期間限定のマンゴーソフト、マンゴージュースなどが人気です。

住所  宮崎県宮崎市青島2-12-11
営業時間 9:00~17:00 ランチ営業、日曜営業
画像出典、引用元

アクセス方法

宮崎空港から宮崎空港バス停2番(飫肥行き)にのると約23分で着きます。
電車を利用する場合は、JR日南線青島駅で下車。そこから、徒歩約10分で着きます。参考

天皇が愛した神秘的な青島に、ぜひお越しください

1960年、昭和天皇の5女 貴子さんが島津久永氏と結婚。新婚旅行で青島を訪れました。それから2年後、1962年、当時の皇太子夫妻(天皇皇后両陛下)が宮崎を訪れ、宮崎県を代表する観光名所として有名になりました。

ハワイにグアム、観光旅行はずいぶん身近になりました。宮崎県の「青島」は、他の場所ではみることができない絶景が広がるミシュランが認めた神秘的な島。「日本にもこんなに心揺さぶられる場所があった」と訪れる人を驚かせ続けています。
参考元


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮崎県のランキング
宮崎のお店では地鶏の炭火焼(もも焼き・むねみ焼き)大手羽(焼き・揚げ)の他にも鶏レバー、むね、ズリ、ささみのお刺身も味わえます!そして宮崎で絶対に食してもらいたい「せせり」もあります。

コメント

コメントする

目次